目黒区消費生活展 参加グループの紹介





目黒区消費者グループ連絡会


1976年に消費生活に関する活動をしているグループが連絡会を結成。

学習会・見学会・調査活動などを実施し、グループ間の情報交換を行い交流をはかっています。

また、区の審議会、委員会に委員を送るとともに、区の施策に対して意見を提出し、

消費生活向上を区政に反映させるよう活動しています。

この他、「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」や「大豆畑トラスト運動」に参加し、

収穫した大豆で味噌作りを続けています。さらに区と協働し、「味噌仕込み講座」の講師も務めています。



現在参加している7グループは…

目黒区消費者友の会 東京南部生協 目黒支部 生活協同組合パルシステム東京 目黒連絡会
平塚幼稚園 くらしを守る会 お母さんの勉強会「虹」 MCSネット萩 産直を考える会





生活協同組合パルシステム東京 目黒連絡会


あけぼの生協・Eコープ・東京マイコープ・パルシステム東京~と変遷を辿ってきた私たちの生協ですが、

大きくなっても食や暮らしの安全・安心を求めることに変わりありません。

目黒区の5つの委員会は地域に根ざした活動を、2つの分野別委員会は平和や食分野の活動を

しています。お互いに情報交換をし、課題を共有しながら、楽しみつつ消費者力を育てています。

さらに目黒連絡会は、消費者グループ連絡会と連携し、仲間が広がることを目指して活動しています。



2階で有機栽培コーヒーを、中庭でウィンナーとコーヒーを販売します。





東京南部生協 目黒支部


「楽しく参加して、おいしく食べて、産地が元気になる活動を組合員と地域に広げましょう」

を基本に活動しています。

安全・安心な商品の利用や産地見学をして生産者との交流を深めています。

くらしのことや環境問題、介護保険の学習やNO₂の測定運動に取り組み、

平和を守る活動として戦跡めぐりやヒロシマ・ナガサキに毎年代表を送り出しています。

大豆畑トラスト運動にも参加し「手作り味噌」と「国産のらっきょう漬け」は

毎年の恒例行事として定着しています。また、本部主催の「大産直まつり」に

出店・手伝いで参加しています。 中庭で、とん汁・磯辺焼きの販売をします。





目黒区消費者友の会


1970年に区内の東京都消費者モニターを中心に結成した「目黒区消費者友の会」も、

会員の高齢化は止められず、活動できる会員も少なくなってきました。

創立50周年を迎える為に今まで通りの指針を守り、タイムリーなテーマで学習し、

その結果を生活展を始めとして種々な方法で消費者啓発を行って参ります。

また、都域の団体、東京都地域消費者団体連絡会に所属し、

他の地域と情報交換をしながら、活動の輪を広げます。





目黒医療生活協同組合 保健委員会


目黒医療生活協同組合は、地域医療を担うという立場から診療所活動を進めています。

保健委員会は「丈夫で長生き」をモットーに自主活動を運営し、保健大学、食事会、

配食サービス等ボランティア活動を行っています。

また保健大学、保健講座などを開催し、生活環境の向上を目指しています。


2階の会場で骨密度測定をしています。





平塚幼稚園 くらしを守る会


1970年代に、平塚幼稚園に通う子どもの親が立ち上げた自主参加のサークルです。

子どもの健康を育む食事とくらしを課題として、海苔や石けんなどの販売、食の安全や環境を考える学習会、

納豆や味噌作りなどのさまざまな活動を通じて、親自身の学びや体験から、未来を担う子どもたちへ

還元することを目的に活動しています。





お母さんの勉強会「虹」


私たちは平塚幼稚園くらしを守る会から卒園を機に結成した母親のグループです。

生活にかかわる身近なこと、疑問に思ったあれこれをグループで学習し、話し合っています。

今までに取り上げてきたテーマは『ちょっと待って‟その香り”有害物質が潜んでいる!』『薬膳の知恵を日々の暮らしへ』

『自転車は軽車両なんです!』『ケータイ電磁波から子どもを守る』などです。





生活協同組合コープみらい


『みらいひろば』は地域に開かれた笑顔あふれる居場所をめざし、組合員や地域の方々がさくらプラザ(中央町)

と自由が丘(緑が丘文化会館)で、コープ商品を紹介しながら月に1回ずつ開催しています。

地域の情報交換や食の安全・安心、環境、くらし、子育てなどで交流を広げています。

さらに平和、被災地への支援、奨学金制度の取り組みや、国際社会が取り組むべき持続可能な開発目標(SDGs)を

達成するための活動をしています。

皆さまどうぞお気軽にひろばへお越しください。

2階で「和食配膳ゲーム」を担当しています。




えふでクラブ

私たちはトールペイントを主軸に、地域に開かれた親睦サークルとして始まり、

そこから手芸やゲージュツと、手作りの範囲を広げて活動しています。

一つのホビー(好奇心、趣味)から次々と派生する興味が仲間の絆にもなり、

続けていく力になっています。


中庭で、「てづくりマーケット」に出展しています。





23区南生活クラブ生活協同組合 まち目黒

私たちは幅広い年代の組合員が協力し合って活動しています。

2018年度はキャッチフレーズを、「食べよう!出会おう!参加しよう!まち目黒」と決め、食を通して、

組合員にも組合員でない皆さんにも生活クラブの良さを発見してもらうことにしています。

また、新しい出会いの場として楽しく交流してもらえるような企画をして学び、                  



目栄会(目黒区フリー活動栄養士会)

昭和53年(1978年)目黒保健所の勉強会から生まれ、

地元で活動したいと集まった栄養士のグループです。

合言葉は「毎日のおいしい食事が、豊かな心と丈夫な身体を育む!」大事な食事のことを

気軽に相談してもらえるよう、学習会、見学会、料理研究会などを実施し、新しい情報を
                  
学んでいます。「食」で元気なコミュニティづくりに役立ちたいと思っている私達です。





目黒区 おもちゃの病院


ボランティア医師が壊れたおもちゃを子どもの目の前で、わかりやすく説明しながら修理し、

子どもの探究心、物を大切にする心を育んでいます。

毎週日曜日午後1時〜3時、目黒区民センター1階の消費生活センターで開院しています。


消費生活展当日も1階で、「おもちゃの病院」を開いています。こわれたおもちゃを診察します。